◆プロフィール

◆プロフィール◆

ケーズリリース代表 加藤 けい子  1969年 群馬県伊勢崎市生れ。

群馬県内の一般企業に勤務していましたが、30代半ば、障害者福祉に関心を持ち、東京福祉大学の通信教育部にて社会福祉を専攻。

卒業後、精神保健福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー資格を取得。

大学在学中に股関節の痛みに悩まされ、高田広子先生(現ティーズ・スタジオ)の筋膜ケアを受け、数年後には股関節まわりの痛みをほぼ解消するまでに回復しました。

その効果と技術の深さに感銘を受け、筋膜ケア技術講習を受講し、群馬県伊勢崎市の自宅にて開業いたしました。 

 

 

  ●高田広子先生のティーズ*スタジオHPは コチラ

                                                                            ◆ごあいさつ◆

こんにちは。ケーズリリース代表の加藤けい子です。

私自身、右股関節の痛みに数年悩まされました。

当初は、歩き始めて数分もすると痛みが強く出てきて立っていられず、少し座るかしゃがんでからまた歩き出す、またしゃがんでは歩く・・・というふうに休み休みでなければ長くは歩けない状態でした。

それでもしばらく自己流で運動などして過ごしており、病院にも行きませんでした。

しかし、状態は悪くなる一方した。 「このままではいつか歩けなくなってしまうのでは・・・。」 と、怖くなり、インターネットで股関節に関する情報をいろいろ探しました。

そうしているうちに、現在の私の師である、高田広子先生にお会いすることができました。

高田先生の筋膜ケア法により、5~6回の施術で、どんどん痛みが消えていき、その後も続けていくうちに、今ではほぼ解消されました。

たまに、歩きすぎなどで疲れが出ることがあっても、セルフケアですぐに解消できます。

私は、高田式筋膜ケアの効果と、今までにいろいろと施術を受けてきた中でも感じたことのない心地よさに感銘を受けました。

そして、是非自分でもそのテクニックを身につけたいと思い、高田先生の講座を受講させていただきました。

高田先生考案の筋膜ケア法は大変ソフトな手技で、身体への負担はありません。

また、施術を受けながらも自分自身の身体への知識と意識が高まります。

自分で身体のメンテナンスができるので予防の観点からも身につける価値が高い技術です。

私のケーズリリースでは、自身の経験上、特に股関節まわりの痛みや不調に対するアプローチを得意としています。

これからも、多くの方に筋膜ケアについて知って頂けるようにがんばって努めて参りたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。