★股関節まわりの痛みは、痛くない時も継続した筋膜リリースで痛みを再発させない。

リピーターのお客様の中には、もう5年以上も定期的にケーズリリースに通ってきてくださる方がおられます。ずっと月に2回ほどでしたが、最近はコロナでまん延防止措置や緊急事態宣言も出された影響で月に1度のペースになってしまい心配もしていました。

60代のこの女性の場合は、変形性股関節症で最初は特に右の股関節まわりや内転筋の痛みが強く出ていました。筋膜ケアによって最近では最初のような歩くことがままならい程の大きな痛みはなくなりましたが、立ったり座ったりの仕事をされていたこともあって、仕事の状況などにより痛みや疲労感がツラい時があったり、またある時には足がずいぶん軽くなり、よく歩ける時期があったりと、調子が良かったり悪かったりを繰り返していましたが、ご本人は手術は望んでいませんでした。

調子が良くも悪くも自主的に施術を受けに通ってくださり、最近では積極的にセルフリリースやセルフエクササイズをお勧めしていました。すると、ここ最近ではコロナ禍で施術を受ける頻度も半分に減っているにもかかわらず、痛みも感じることなくずっと調子が良いと仰っていました。

特に変形性股関節症などの股関節まわりの痛みによって日常生活に支障が出ている場合の筋膜ケアでは、痛みがあるときには施術を受けて痛みをとることはもちろんのこと、大きな痛みが出なくなった後の調子の悪くない時でもケアを継続し、おうちでは自分でリリースしてみることで、大きな痛みを再発させずに日常生活を普通に送れる状態を維持していけたら良いと思います。

この方は、先日のパラリンピックをテレビで観て「自分も頑張ろう!と思い立った」のだそうです。パラリンピック選手の皆さんの熱い姿は、観る私たちにも力を与えてくれましたよね。

これからも家で体を動かすことを日課に取り入れていきたいというので、この方に合いそうなエクササイズを新しくいくつか提案し、効果や感想をLINEメールなどで送っていただくようにしています。

筋膜リリースは、コツを得るにはなかなか難しくもありますが、自分でやるようになると、ご自分の体や筋肉の状態を意識するようになり、リリース効果を高めてくれます。

特に股関節の痛みや違和感は早期発見で早期にケアすることが大事です。ケーズリリースに来られた時には痛みが強くて杖を突いて来られる方もいらっしゃいますが、そうなるまでには不調を抱えたまま数年の時間が過ぎてしまっているという状況の方も多いのです。

股関節まわりの固まった筋膜を筋膜リリースで緩めて。まずはツラい痛みを減らしていただきたいと思います。何度か施術を受けてリリースの感覚をつかんでいただけた方にはセルフリリースをアドバイスさせていただいております。

★筋膜リリースを受けていても股関節まわりのツラい痛みがなかなか改善しない場合。

股関節まわりの筋膜リリースを定期的に受けていても、ツラい痛みがなかなか軽減しない場合、

◎ヨガなどで痛みが出るような体勢をしたり、痛いのに筋トレをしている。

◎おうちでの筋膜リリースエクササイズについて、できるだけ力を抜いて行うべきところを一生懸命に力をこめて行ってしまっていたり、痛いのに無理して大きく動かしてしまっている。

◎膝や股関節まわりの痛みがあるのに、歩けるからとウォーキングに出かけている。

◎日常生活で体の使い方、重心のかけ方、足の踏み出し方や立ち方などを意識していない。

・・・などが考えられます。

以前に運動やスポーツを一生懸命にやっていた経験のある人ほど、力をぬいて緩ませるようなリラックスしながらの動きが苦手です。「筋トレやウォーキングなどの方がやった気がする」というのですね。

もしくは筋トレどころか痛くて動かせない。痛みがあって筋膜が固まってしまい、うまく力が抜けないということもありますので、ゆるゆるエクササイズを有効にできるようにするにはリリースしながらの練習が必要です。

筋膜はリリースするとともに「適度に動かす」ことが必要ですが負荷や衝撃が多きすぎとよけいに筋膜を痛めてしまいます。

ゆるゆる筋膜リリースエクササイズはケーズリリースでアドバイスしていますが、それぞれが簡単で単純な動きのため、皆さん忘れてしまってなかなか続かないということもあるようですが・・・(^^:)

地道に朝晩、無理をせずに3つくらいのエクササイズを2,3か月続けたところ、完全にではないものの、まずは今まであったつらい痛みが出なくなったという方もいらっしゃいます。

また、動かし方、つまり日常生活での身体の使い方も、痛みの原因と思われる使い方は意識して改善していくようにしなければなりません。

痛みがあって思うように体を動かせない、硬さがあって力が抜けない、という方はまず先に筋膜リリースで筋膜を緩ませることが必要となります。

★おうち時間も筋膜ケアで痛くならない体を保ちましょう。

新型コロナの影響で仕事がお休みがちになったり、出掛けることが少なくなり、おうち時間が増えた方も多いようです。

ケーズリリースのお客様の中にも、家でテレビを観たり、手芸や読書がお好きな方がいらっしゃいます。

そういった方々が、以前はだいぶ痛みがなくなって調子がよかったのに、最近また痛みが出てきてしまった・・・と言ってご連絡下さいました。

「予約の電話の後、少し腰回しなどの体操をしていたら、お電話した時より痛くなくなりました。やはり動かした方がよいのでしょうか?」

と、いらっしゃった時には少し元気になっていたご様子でした。

コロナの影響で仕事の出勤日数が少なくなっていて、ついつい家の中で座っている時間が長くなってしまっているようです。

そのせいで、以前は股関節まわりの痛みだけだったのに、左の肩甲骨の下あたりから背中、腰にかけてつながったような痛みがあったということです。

やはり長時間同じ姿勢でいて動かないのはよくありません。運動するとまではいかなくても、毎日、体をこまめに動かしておくこと、そして身体に負担をかける姿勢の癖をその都度あらためておくことが重要です。

しかし、これらは簡単なようで皆さんがなかなかできません。人の習慣を変えるというのは難しいことですね。

ですが、これこそが一番重要です。筋膜リリースの施術を週一回受けても、あとの6日間に今までと同じ体の使い方をしていてはせっかく筋膜が緩んでもまた疲労して固まってしまいます。

例えば、家事や作業などで前かがみの姿勢が長く続いてしまったら、逆に両腕を大きく上げて胸やお腹、ソケイ部などを軽く伸ばす動作をして、筋膜を固まらせないようにしましょう。(この時に力を入れすぎたり、勢いをつけて反りすぎないように。)

無理な姿勢のまま固まって、疲労が溜まった筋膜はその日のうちに入浴後などにリリースしておくとよいでしょう。

本来であれば、自分でセルフ筋膜リリースができるのが一番良いのですが、まずは日常において姿勢の悪い癖を意識的に改め、筋膜を固めないように軽い体操などで毎日全身を動かすことが大切です。

ぎっくり腰のように強い痛みがあって体操どころではないという方は無理に動かさないようにしてください。痛みが強くて動かせない場合、まずは筋膜を緩ませて大きな痛みを軽減させ、動かせるようにすることから始めます。

ともかく血流が重要です。動かないと筋膜が固くなって血流が滞り、痛みがでてきてしまいます。そうならないように正しく動かして全身の血流を促すことで痛くならない体づくりを目指しましょう。

★急にソケイ部が痛くなってしまった。

40代の女性の症例です。

普段は座り仕事が主なので、運動不足にならないために定期的にジムに通っている。

「数日前に急に右の鼠径部が痛くなってしまって辛い。」とのことでいらっしゃいました。

数年前から仙骨の周りやお尻の筋肉に痛みが出ることもあったとのこと。

ジムで運動をされていますが、筋トレをやるだけで筋膜を緩めるケアをしていなかったため、疲労が蓄積されて固まった筋膜が痛み出したものと思われます。

そのうえ、日中は座る時間が長くなることで血流が悪くなり筋膜を固くさせる原因になってると思われます。

筋膜リリースで鼠径部や腸腰筋、仙骨まわり、大転子まわりなどの固まった筋膜を緩ませると痛みが軽減されて楽になったとのことでした。

また、大腿も硬く疲労感があるとのことでリリースしました。

マシーンでの筋トレは負荷を上げすぎないように、またその日の筋膜の状態に合わせて加減をしながら運動してもらうようにアドバイスしました。

痛みがある時には無理に筋トレをすることは避けた方が良いです。

筋膜が緩んで状態が良くなるまで待ちましょう。

運動は筋トレだけではなく、呼吸を良く意識しながら全身をまんべんなくゆったりと動かすような体操なども取り入れるとよいでしょう。

固くなった筋膜のまま筋トレをやっても効率が悪く、ケガのもとになりかねません。

鍛えることは緩ませることとセットで行いましょう。

★筋膜(ファシア)の痛みの原因

最近、健康番組などで「ファシア」を取り上げているのをよく見かけるようになりました。

ファシアというのは、私たちの全身の臓器や血管、神経・筋肉・骨などを覆っている結合組織であると説明されています。

その中で、筋肉を覆っているものが筋膜ということになりますが、この筋膜の痛みの原因についてのお話の部分を取り上げてみたいと思います。

先日、私が観た番組の中では、

筋肉痛の炎症がみられる部分のほとんどがファシアにあった。ファシアの中に痛みを感じるセンサーがある。」

・・・と解説されていました。つまり、筋肉の痛みや肩などのコリなどは、筋繊維が壊れているとか、筋肉が切れているというようなことではなく、筋肉を覆う膜であるファシア(筋膜)の炎症やそれに伴う痛みであると考えられるとのことでした。

ファシアや筋膜については、まだまだ解明されていないことが多く、研究段階にあるようですが、例えばケーズリリースで多く行っている股関節周辺の痛みを訴える方への施術では、ご本人が痛みを訴える箇所、そしてその周りで固くなっていると感じられる箇所を筋膜リリース(指先などで適度な圧を加えるなどして緩める)すると、痛みが緩和し、施術後は動きがとても楽になったという方が多いです。

そのような症例からも、筋膜にアプローチすることが肩コリなどのほか、慢性的な股関節まわりや膝の痛みなどに対しても効果あるといえます。

なぜ筋膜を緩めると痛みが緩和されるのかということが分かってきて、その痛みの原因が骨の変形などだけではないと分かれば、筋膜ケアで対応できる痛みの症例が多いということも皆さんにお伝えできると思います。

“原因は筋膜にあり。”

是非、筋膜リリースを試してみていただきたいと思います。

※参考の 番組はNHK あさイチ , NHK 美と若さの新常識 でした。

★靴下が履きづらい、背中を丸めづらいのは、お腹の筋膜の硬さも原因かも。

股関節が曲げづらくて靴下が履けないことや、仰向けで寝て膝を抱えるポーズができない。

このような場合には股関節まわりの筋膜が固くなっていることが原因の一つですが、他にもお尻や背中、大腿の裏側の筋肉、それからお腹の方の腸腰筋(腸骨筋・大腰筋)の筋膜が固くなっていないか、ということにも目を向けてみた方がよさそうです。

腸腰筋はお腹を通って大腿の付け根まで伸びていますので、これが固くなっていると伸縮がうまく行われず、お腹を縮ませて背中を丸めるのがつらくなります。

また、反対に伸ばしづらいという点では、歩いたときに足を後ろにけりだしにくくなるために運動の可動域が狭くなり、ソケイ部が十分に伸びないために股関節まわりやお尻の筋肉をうまく使えなくなります。

こうなると小股で前かがみに歩くようになり、更に腰や背中、膝などに負担がかかるようになってしまい、筋膜もさらに固まって痛みなどの不調を招く原因になってしまいます。

背中から腰、お尻、大腿裏のほかに、お腹の方が固くなっている感じはありませんか?

筋膜は繋がっています。                       痛みや硬さなどの不調は一か所に感じられるようでも、関連する筋肉を考えながらその筋膜をリリースし、全身を視野に入れてケアを心掛ける必要があるでしょう。

★「股関節まわりの痛みはどれくらい施術を受ければよいですか」というご質問

股関節の痛みがあって初めて施術を希望される方からよく聞かれるのが、「どれくらい通えばいいですか?」というご質問です。

一つの例としては、つらい痛みがある場合には週に一度ほどの施術を3,4回ほど受け続けていただき、今ある痛みが改善してきたら施術を受ける頻度を減らしていくという方が多いです。また、さほどつらい痛みがなくても、月に1回または2回など、定期的にケアを受けに来られる方もいらっしゃいます。

股関節まわりだけではないですが、筋膜が拘縮して痛みが出ているような場合には、一旦その痛みを感じなくなって改善したかに見えても、数回の施術だけでその筋膜が健康を取り戻したとは言いきれません。

筋膜が根本から良い状態を取り戻し、柔らかく健康な状態に戻るには時間がかかりますので、さらに筋膜ケアを続けていくことが必要です。またその後も不調を呼ばないための予防的ケアや、不調の原因となる生活習慣の改善が必要です。そのためにケーズリリースではセルフ筋膜ケアもお勧めしています。

一口に股関節といっても痛みや不調の度合いや様子には個人差があります。まずは一度ケーズリリースに来ていただいてから、お客様のお仕事や状況など、ご都合に合わせてどのようにケアを進めていくかをご提案させていただいております。

カウンセリングの時間も十分とっておりますので、まずは一度ケーズリリースにお越しくださればと思います。

★股関節手術を受けた方もご利用ください。

ケーズリリースでは人工股関節置換術などの手術を受けた方にもご利用いただいております。

筋膜リリースなどの筋膜ケアはとてもソフトでやさしい施術です。

手術を受けられてある程度経過した後に筋肉のハリなどを感じられる場合などのケアにも、無理なく安心して受けていただけます。

股関節の手術後には、運動や可動域に制限を設けられる場合多いと思います。

動かせない筋肉があると、違和感やハリなどが出てくることもあります。

そのような違和感も放っておかずに、日常的に筋膜ケアを取り入れていくことをお勧めしています。

手術後に大腿のハリ等が感じられて月に一度ケーズリリースに通っていただいていた方で、今ではほとんど痛みが出なくなり、以前は遠出が心配だったが、最近はたまに東京へ電車で行かれるときにも痛みが出ることなく行って来られた・・・などのご報告を下さいます。

この方も、その後も不調の予防として継続してケアを受けておられます。

症状に合ったセルフ筋膜ケアを取り入れることで、日常生活におけるご自身の股関節の症状への不安が解消できたというご意見もいただいております。

身体にやさしい筋膜リリースによる筋膜ケアを一緒に始めましょう。

★股関節まわりの不調を感じたら早めに筋膜のケアを。

ケーズリリースには、股関節まわりの痛みや不調を抱えている女性に多く来ていただいています。

その方々からお話を聞くと、もう何年も前から股関節にたまに痛みや違和感を感じていたと言います。 中には10年以上も前から軽い痛みがあったという人も。

それがある日、ちょっと重いものを持ち上げたらソケイ部に激痛がはしり、それ以来ずっと痛みが消えなくなったとか、 子どもと遊んでいて、ジャンプして着地した途端にズキっときて、それがずっと痛い・・・など。

しかし、その後の有効な対処法がみつからなかったり、痛くない時もあるからと放っておいたりしたまま何年もたってしまっているという方が多いようです。

股関節周辺にはたくさんの筋肉が繋がっており、痛みや不調があればお尻やお腹(腸腰筋)、腰、太腿、膝など、多くの筋肉が関連して不調を起こしてしまいます。

股関節の辺りがなんだか痛むな・・・などと感じたら早めに硬くなってしまっている筋膜を緩めてあげる必要があります。 長く放っておけば放っておくほど、筋膜は固くなり、代謝や血行も悪くなります。

すると筋膜リリースなどでケアを行っても回復しづらい状態になってしまいます。

靴下を履こうとしたら足がうまく曲がらず、足先に手が届かない。   

歩く歩幅が狭くなって、足をずるように歩いている。   

正座ができない。   

お尻(殿筋)が痛くて、坐骨神経痛といわれたことがある。   

ソケイ部に痛みを感じる。

などなど、現れる症状は様々ですが、それは股関節まわりの筋膜が拘縮しているからです。

股関節というのは骨盤の少し奥に位置しています。 股関節痛といっても、みなさんが痛みを訴える個所はソケイ部やお尻や大腿などであり「股関節」ではありません。

ですから、股関節そのものではなく、股関節のまわりにある痛みのある筋肉(筋膜)を緩ませて疲労をとり、血行を良くして健康な状態に戻るように促してやる必要があるのです。

股関節に違和感や不調を感じたら放っておかずに早めに筋膜のケアを始めましましょう。

★股関節まわりに筋膜リリースの施術をいたします。

ケーズリリースでは股関節まわりの筋膜をリリースする(緩ませる)施術をいたします。

お尻の筋肉、大腿骨の付け根、ソケイ部、大腿の内側(内転筋)や前側から膝、仙骨まわり、坐骨まわり・・・などに施術を行います。

股関節のまわりの筋膜が硬くなってしまうと、周辺の筋膜も固まってしまいます。 そのために筋膜同士が癒着したり捻じれたりして痛みみがでたり、血行不良による冷え、ダルさや疲労感、関節の可動域が狭くなるなどの様々な不調をもたらします。

「股関節を施術してくれるところを探していました。」、  「痛みを経験した人に施術してもらいたかった。」、  「女性に施術してもらえるところを探していました。」 と言ってケーズリリースをインターネット検索などで探して来て下さる女性がほとんどです。

股関節まわりの筋膜をリリースすることで、 「あ、今までと違う!!!」 という感覚をぜひ実感していただきたいと思います。

私自身も、歩くのが困難なほどの痛みから解放されたという経験があります。

股関節の不調でお悩みの方々にケーズリリースの筋膜リリースを一度お試しいただきたいと考えております。

★股関節まわりの不調ってどんな症状?

股関節まわりの不調といっても人によりいろいろな症状が出ています。

ケーズリリースにお越しいただいてる方々には以下のような症状が多くみられます。

★ お尻から太もも外側、ふくらはぎ外側へとつながった痛み。

★ 足に力が入らなくて歩く時に膝がカクカクする感じ。

★ 下腹の筋肉(腸骨筋)からソケイ部(前側の足の付け根)が張るような感じ。

★ 腰の下のお尻の真ん中あたり(仙骨まわり)の痛み。

★ 足の付根の内側から内もも、膝の内側にかけての痛みが強く、開脚がしずらい。

★ ソケイ部が折り曲げにくく、靴下を履いたり足の爪を切る格好がとりずらい

★ 大腰筋、腸骨筋などのお腹の筋肉に硬さやがあり、押してみると痛い。

また、一般には股関節痛というふうに言われている不調も、実は広範囲の筋膜の硬さが関係しており、人によって症状が出るところが違ってきます。

しかし、足の付根や内もも、ソケイ部やお尻など、なかなかデリケートな部分の筋肉にアプローチする必要があるのがほとんどでしょう。

ケーズリリースでは、女性による施術で、女性専用の筋膜ケアサロンとして、女性に安心して施術を受けていただけるよう配慮しております。

股関節まわりの痛みは、放っておくと筋膜がどんどん固まって歩き方が偏ってしまうようになります。

回復が難しい状態になる前に早めにケアを始められることをお勧めします。