★突然ぎっくり腰になった!

「毎日ストレッチや体操などをして、良く身体を動かしているつもりなのに急に腰がズキッと痛くなりました。これはぎっくり腰でしょうか。」 
というお話がありました。

おそらく、よく言われるぎっくり腰だと思われます。

ご自分では運動もストレッチも毎日やっているつもりだったので、ぎっくり腰になるとは思っていなかったようです。

運動やストレッチをしていても筋膜の硬さが潜んでいることに気がつかずにその硬くなった筋膜はずっと放置されていたものと思われます。

運動の習慣がある人は、その疲労によって筋肉・筋膜が硬くなり、それをそのままにしておくとやがて痛みなどを起こしてしまいます。

また、一度硬くなってしまった筋膜は運動やストレッチだけでは再び緩んで健康に戻ることは難しく、人の手でリリースすることが一番効果的であると考えます。


筋膜リリースなどの筋膜ケアで運動前後に筋膜を柔らかくしておくことで、ぎっくり腰や捻挫などのケガを防ぐようにしましょう。

逆にあまり身体を動かすのが好きではない人は、「不動」になりがちで、筋膜は動かさなければ硬くなります。



筋膜ケアにおいては、普段からご自身の筋肉・筋膜を触ってみたり、軽い体操などをしながらご自分の身体の痛みやハリを感じるところに気づいておくことが大切です。

痛みやハリなどの違和感を感じるところには筋膜の硬さが隠れています。

また、セルフ筋膜ケアを続けていくことで、ご自分の身体や筋膜の状態を感じ取る力を磨くことができますし、そうすれば不調に早く気づき、対処も早くなります。

自分の身体は自分で面倒見るという姿勢が筋膜ケアには欠かせません。

是非、ケーズリリースで施術を受けながらセルフ筋膜ケアを身につけていただきたいと思います。