★坐骨神経痛と言われた症例②

やはり医療機関で坐骨神経痛だろうといわれた50代の女性の症例です。

職場での立ちっぱなしの作業が多く、夕方になると右側の腰からお尻、太腿の外側への痛みが増してツラい。

また、寝起きや長く座っていた後の立ち上がりが痛い。

ケーズリリースにはご紹介で来院されました。

施術中も横向きでしばらく寝ていると痛みが出るので、クッションを足の間に挟んだり、時々足の置き場をかえるなどしながら施術を受けていただいています。

右側のお尻や太腿の裏側などのハリを丁寧にリリースしたところ、二週間に一度、三回目の来院では痛みがだいぶ軽減しています。

厚着が嫌いで、下半身が冷えも血流不足につながってしまっていたようです。

筋膜リリースによって血流の悪さを改善し、少し動かしながら施術することで筋膜が緩んで痛みが軽減されます。

とても気持ちよく、足の運びも軽くなり、帰りには「とっても楽になりました!」とのことでした。

寝起きなどの痛みもなくなるように、もう少し定期的に来ていただけるようにしています。

腰からお尻、太腿の外側、膝、ふくらはぎ、くるぶしまでの痛みなどで悩んでいる人の多くが坐骨神経痛だろうといわれたとのことで来院されます。

坐骨神経痛の原因は脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアからくるものといわれることが多いですが、筋膜リリースで痛みのある部分や硬くなっている部分を緩ませることで、痛みが軽くなりますので、是非お試しください。

★坐骨神経痛と言われた症例①

「病院では坐骨神経痛だろうと言われました。」と言ってケーズリリースに来られる方が多いです。

左右のどちらかの腰やお尻から太腿の外側、ふくらはぎの外側、くるぶしの方までつながって痛い感じがする。

踏み出すと足の付け根から足首までずっと痛くて杖を使用している。椅子から立ち上がる時に痛い。車の乗り降りで痛みが出るなど、動作の初めに強い痛みを感じるようです。

ご本人が痛いと感じるところはやはり筋膜が固くなり、緊張していたり疲労感があり、代謝が鈍っている感触があります。

その他、大腿の裏側や内側も張っていることが多いのでそれらの筋膜の硬いところを筋膜リリースで緩ませます。

最近の同じような症状の女性の例では、一回目の施術の後には椅子の立ち座りや腰の曲げ伸ばしなどの動作でも痛みを感じなくなりました。

二回目の来院では長距離の運転でいつものような足の痛みが出なかったとのご報告がありました。

坐骨神経痛と言われた場合でも、硬くなっている筋膜を緩ませてあげることで痛みが引いてだいぶ楽になることが多いです。

ご本人が痛いと感じる以外の箇所も、実は筋膜が固くなっていて影響している場合があります。それらを含めて筋膜を緩ませる必要があるのです。

是非、筋膜リリースをお試しください。