★おうち時間も筋膜ケアで痛くならない体を保ちましょう。

新型コロナの影響で仕事がお休みがちになったり、出掛けることが少なくなり、おうち時間が増えた方も多いようです。

ケーズリリースのお客様の中にも、家でテレビを観たり、手芸や読書がお好きな方がいらっしゃいます。

そういった方々が、以前はだいぶ痛みがなくなって調子がよかったのに、最近また痛みが出てきてしまった・・・と言ってご連絡下さいました。

「予約の電話の後、少し腰回しなどの体操をしていたら、お電話した時より痛くなくなりました。やはり動かした方がよいのでしょうか?」

と、いらっしゃった時には少し元気になっていたご様子でした。

コロナの影響で仕事の出勤日数が少なくなっていて、ついつい家の中で座っている時間が長くなってしまっているようです。

そのせいで、以前は股関節まわりの痛みだけだったのに、左の肩甲骨の下あたりから背中、腰にかけてつながったような痛みがあったということです。

やはり長時間同じ姿勢でいて動かないのはよくありません。運動するとまではいかなくても、毎日、体をこまめに動かしておくこと、そして身体に負担をかける姿勢の癖をその都度あらためておくことが重要です。

しかし、これらは簡単なようで皆さんがなかなかできません。人の習慣を変えるというのは難しいことですね。

ですが、これこそが一番重要です。筋膜リリースの施術を週一回受けても、あとの6日間に今までと同じ体の使い方をしていてはせっかく筋膜が緩んでもまた疲労して固まってしまいます。

例えば、家事や作業などで前かがみの姿勢が長く続いてしまったら、逆に両腕を大きく上げて胸やお腹、ソケイ部などを軽く伸ばす動作をして、筋膜を固まらせないようにしましょう。(この時に力を入れすぎたり、勢いをつけて反りすぎないように。)

無理な姿勢のまま固まって、疲労が溜まった筋膜はその日のうちに入浴後などにリリースしておくとよいでしょう。

本来であれば、自分でセルフ筋膜リリースができるのが一番良いのですが、まずは日常において姿勢の悪い癖を意識的に改め、筋膜を固めないように軽い体操などで毎日全身を動かすことが大切です。

ぎっくり腰のように強い痛みがあって体操どころではないという方は無理に動かさないようにしてください。痛みが強くて動かせない場合、まずは筋膜を緩ませて大きな痛みを軽減させ、動かせるようにすることから始めます。

ともかく血流が重要です。動かないと筋膜が固くなって血流が滞り、痛みがでてきてしまいます。そうならないように正しく動かして全身の血流を促すことで痛くならない体づくりを目指しましょう。

★急にソケイ部が痛くなってしまった。

40代の女性の症例です。

普段は座り仕事が主なので、運動不足にならないために定期的にジムに通っている。

「数日前に急に右の鼠径部が痛くなってしまって辛い。」とのことでいらっしゃいました。

数年前から仙骨の周りやお尻の筋肉に痛みが出ることもあったとのこと。

ジムで運動をされていますが、筋トレをやるだけで筋膜を緩めるケアをしていなかったため、疲労が蓄積されて固まった筋膜が痛み出したものと思われます。

そのうえ、日中は座る時間が長くなることで血流が悪くなり筋膜を固くさせる原因になってると思われます。

筋膜リリースで鼠径部や腸腰筋、仙骨まわり、大転子まわりなどの固まった筋膜を緩ませると痛みが軽減されて楽になったとのことでした。

また、大腿も硬く疲労感があるとのことでリリースしました。

マシーンでの筋トレは負荷を上げすぎないように、またその日の筋膜の状態に合わせて加減をしながら運動してもらうようにアドバイスしました。

痛みがある時には無理に筋トレをすることは避けた方が良いです。

筋膜が緩んで状態が良くなるまで待ちましょう。

運動は筋トレだけではなく、呼吸を良く意識しながら全身をまんべんなくゆったりと動かすような体操なども取り入れるとよいでしょう。

固くなった筋膜のまま筋トレをやっても効率が悪く、ケガのもとになりかねません。

鍛えることは緩ませることとセットで行いましょう。

★首のハリが強くてツラい。

50代の女性の症例をご紹介します。

首や肩、背中のハリが強くダルさが出てきて辛い。整形外科では骨に異状はないがストレートネックであるといわれる。

普段はパソコンによる事務仕事が主なので、その姿勢の癖せいかもしれないとのご本人のお話でした。

首筋、首の前側と肩甲骨まわり、鎖骨の下の胸筋にも張りがあり、肩が前に向いている巻き肩になっていました。

固い筋膜をリリースし、ご本人にもひとつひとつ硬さやツッパリ感を確認してもらい、固いと感じる箇所の筋膜を緩めていったところ、全体的にもとても楽になったとのことでした。

普段の生活においての姿勢を意識して気を付けてもらうことと、簡単な筋膜リリースエクササイズをアドバイスさせていただきました。

一回でおおかたの痛みがなくなってしまう方もいらっしゃいますが、慢性的に固くなっていた期間が長いと一度の施術での回復は難しいです。

筋膜自体が健康な状態になり、痛みが再び出ない状態に近づけるには、何回か施術を受けていただく方がよいでしょう。

あとは、首や肩が固まりやすい人は普段から緊張が抜けない傾向があります。一日に数回、意識して深めの呼吸をする時間をとり、リラックスする練習をいしていただくこともおススメします。

★筋膜(ファシア)の痛みの原因

最近、健康番組などで「ファシア」を取り上げているのをよく見かけるようになりました。

ファシアというのは、私たちの全身の臓器や血管、神経・筋肉・骨などを覆っている結合組織であると説明されています。

その中で、筋肉を覆っているものが筋膜ということになりますが、この筋膜の痛みの原因についてのお話の部分を取り上げてみたいと思います。

先日、私が観た番組の中では、

筋肉痛の炎症がみられる部分のほとんどがファシアにあった。ファシアの中に痛みを感じるセンサーがある。」

・・・と解説されていました。つまり、筋肉の痛みや肩などのコリなどは、筋繊維が壊れているとか、筋肉が切れているというようなことではなく、筋肉を覆う膜であるファシア(筋膜)の炎症やそれに伴う痛みであると考えられるとのことでした。

ファシアや筋膜については、まだまだ解明されていないことが多く、研究段階にあるようですが、例えばケーズリリースで多く行っている股関節周辺の痛みを訴える方への施術では、ご本人が痛みを訴える箇所、そしてその周りで固くなっていると感じられる箇所を筋膜リリース(指先などで適度な圧を加えるなどして緩める)すると、痛みが緩和し、施術後は動きがとても楽になったという方が多いです。

そのような症例からも、筋膜にアプローチすることが肩コリなどのほか、慢性的な股関節まわりや膝の痛みなどに対しても効果あるといえます。

なぜ筋膜を緩めると痛みが緩和されるのかということが分かってきて、その痛みの原因が骨の変形などだけではないと分かれば、筋膜ケアで対応できる痛みの症例が多いということも皆さんにお伝えできると思います。

“原因は筋膜にあり。”

是非、筋膜リリースを試してみていただきたいと思います。

※参考の 番組はNHK あさイチ , NHK 美と若さの新常識 でした。

★筋膜を緩ませて体を良く動かすことが痛み軽減の基本です

肩や肩甲骨まわり、背中などに辛い痛みがあってケーズリリースで施術を受けた方々の中には、一回の施術でだいぶ痛みが軽減された方もおられます。

そもそもの痛みの原因が、日ごろ体を動かすことがほとんどなく、パソコン仕事や介護職、赤ちゃんを抱っこすることなど、仕事や家事・育児で心身ともに疲労している状況が続き、それが長い間積み重なってしまっているということです。

その方々には、筋膜リリースで筋膜を緩め、気持ちもリラックスしていただいた後は、お家で毎日15分でも全身を動かす体操をしていただくことです。

体操は寝たままできるものや、立ち姿勢でその場でできるものなど、本当に簡単な動きですが、これをするのとしないのでは大違いなのです。

施術の後、いくつかの体操をお家にもっていっていただいて一か月後にお尋ねすると、「本当に体が楽になりました。やはり動かすと体が楽になりますね!」と仰います。

安静にしていることも休息という意味では必要ですが、慢性化した筋膜の硬さによる身体の辛さの軽減には、動かさないという選択肢はありません。

痛くて動くのが辛いという方は、筋膜リリースで徐々に筋膜を緩ませて、痛みを軽減させながら少しづつ動かせるようにしていきます。

身体を良く正しく使うことで、同じような痛みを繰り返さないしなやかな身体作りを続けていきましょう。

ケーズリリース HP

★十分な水分補給で筋膜を健康に

夏が近づいてくるとテレビなどで ”水分補給が大切” という話題が多くなりますね。今の梅雨の時期は少し涼しいと感じるので、この時期もまた水分補給を怠りがちです。

水分と筋肉の関係をかんがえてみると、・・・筋肉の75%は水分。

つまり筋肉は水分の貯蔵庫なのですが、男性と比べて筋肉の少ない女性は水分を体内に貯めにくいのだそうです。

そのため、特に女性は自分が感じているよりも水分が足りていない、隠れ脱水になってしまっている可能性が高いとのこと。

筋肉のまわりには筋膜が覆っていますので、筋膜を柔らかく健康に保ち、筋肉と筋肉の歪みや癒着が生じないようにするためにはやはり水分を十分に保つ必要があるといえます。

運動との関係も考えてみても、運動で汗をかいた後に十分な水分補給をしないと筋肉痛になりやすいと言われています。

水分不足になると筋肉の中も血流が滞り、体内に栄養分が行き渡らなくなり、老廃物の排せつもきちんと行われなくなります。

しかしこれは運動する人が運動後に経験することのみでなく、常に慢性的に筋肉の硬さや痛みを感じている人にも同じようなことが起こっているのではないかと考えます。

ケーズリリースに来られる方の中にも、頻繁に「足がつる」という人がいます。

聞いてみると、そのような人は普段あまり水分補給を意識していないようです。

また、汗をかくほどの運動をされていないので、水分不足になっているとは思いもよらないのでしょう。

水を飲むと口や喉が一時に潤うので、一口二口で飲むのをやめてしまいがちですが、身体の方ではまだまだ足りていないのでこまめにちょこちょこ飲むようにした方が良いのだそうです。

アルコール以外で数えて、一日に水分を1.5~2.0リットルほどは飲んだ方が良さそうです。

しかし、食事もきちんと摂った上で、水だけでなく塩分や糖分、ミネラルをバランスよく補給することが大切なので、ご自身の体質や体調に合わせて飲むものを調整したほうが良さそうですね。

何事も情報は少しかじって鵜呑みにせず、自分で勉強して知識として取り入れていくことが大切ですね。

私もこれまでよりも注意して水分補給を心がけ、体調の変化を観察してみたいと思います。

★靴下が履きづらい、背中を丸めづらいのは、お腹の筋膜の硬さも原因かも。

股関節が曲げづらくて靴下が履けないことや、仰向けで寝て膝を抱えるポーズができない。

このような場合には股関節まわりの筋膜が固くなっていることが原因の一つですが、他にもお尻や背中、大腿の裏側の筋肉、それからお腹の方の腸腰筋(腸骨筋・大腰筋)の筋膜が固くなっていないか、ということにも目を向けてみた方がよさそうです。

腸腰筋はお腹を通って大腿の付け根まで伸びていますので、これが固くなっていると伸縮がうまく行われず、お腹を縮ませて背中を丸めるのがつらくなります。

また、反対に伸ばしづらいという点では、歩いたときに足を後ろにけりだしにくくなるために運動の可動域が狭くなり、ソケイ部が十分に伸びないために股関節まわりやお尻の筋肉をうまく使えなくなります。

こうなると小股で前かがみに歩くようになり、更に腰や背中、膝などに負担がかかるようになってしまい、筋膜もさらに固まって痛みなどの不調を招く原因になってしまいます。

背中から腰、お尻、大腿裏のほかに、お腹の方が固くなっている感じはありませんか?

筋膜は繋がっています。                       痛みや硬さなどの不調は一か所に感じられるようでも、関連する筋肉を考えながらその筋膜をリリースし、全身を視野に入れてケアを心掛ける必要があるでしょう。

★「股関節まわりの痛みはどれくらい施術を受ければよいですか」というご質問

股関節の痛みがあって初めて施術を希望される方からよく聞かれるのが、「どれくらい通えばいいですか?」というご質問です。

一つの例としては、つらい痛みがある場合には週に一度ほどの施術を3,4回ほど受け続けていただき、今ある痛みが改善してきたら施術を受ける頻度を減らしていくという方が多いです。また、さほどつらい痛みがなくても、月に1回または2回など、定期的にケアを受けに来られる方もいらっしゃいます。

股関節まわりだけではないですが、筋膜が拘縮して痛みが出ているような場合には、一旦その痛みを感じなくなって改善したかに見えても、数回の施術だけでその筋膜が健康を取り戻したとは言いきれません。

筋膜が根本から良い状態を取り戻し、柔らかく健康な状態に戻るには時間がかかりますので、さらに筋膜ケアを続けていくことが必要です。またその後も不調を呼ばないための予防的ケアや、不調の原因となる生活習慣の改善が必要です。そのためにケーズリリースではセルフ筋膜ケアもお勧めしています。

一口に股関節といっても痛みや不調の度合いや様子には個人差があります。まずは一度ケーズリリースに来ていただいてから、お客様のお仕事や状況など、ご都合に合わせてどのようにケアを進めていくかをご提案させていただいております。

カウンセリングの時間も十分とっておりますので、まずは一度ケーズリリースにお越しくださればと思います。

★筋膜リリースで冷え症の改善

ケーズリリースで筋膜リリースを定期的にで受けてくださっている方々によく聞くのが、「最近は冷えがあまりツラくなくなった気がする。」というお話です。

数年前に初めて来ていただいた頃には、冬には毎日カイロを何個も張り付けていないと居られないという女性も、筋膜リリースに通われて、最近ではたまに寒い日に1個か2個使うくらいで済んでいるというお話でした。

気が付けば、冷えがつらくて仕方がないと感じることが少なくなってきているとのこと。

筋膜リリースによって固まっていた筋膜が緩んで血流や代謝が上がってきているため、冷えが改善されてきたと考えられます。

運動すれば一時的に身体が暖かくなりますが、筋膜が固いままだと普段の生活においても、「座りっぱなしで足が冷える」「足が冷えて寝付けない」など、血行が良くないためにじっとしていると特に冷えを感じるようになります。

筋膜は常に緩んで健康な状態にしておくことが基本。そのうえで運動を行わないと運動効果も上がりません。

身体の冷えを感じる人は、筋膜の硬さを感じないか、ご自身の身体チェックをしてみましょう。

★ 筋膜リリースで仰向けで寝られるようになった。

腰や背中に痛みを感じるため、仰向けやうつ伏せの姿勢になれないという人が多いです。

しかし、筋膜リリースを何回か受けていただくと、今までよりも体位を変えることも楽にできるようになり、施術の時にうつ伏せや仰向けができるようになっています。

ご本人も、「しばらくぶりに仰向けで寝られました!」と驚かれます。

また、筋膜リリースや筋膜ケアの体操などで、自分の意志で身体を緩ませる感覚をつかんでいただけると、緊張や筋肉の拘縮が解けて筋膜を緩ませやすくなります。

長い間痛みを経験していて、仰向けには絶対なれないと強く思い込み、怖くて姿勢を変えられないような場合、恐怖感に気持ちや脳がとらわれてしまっているという、精神的な影響も考えられます。

筋膜リリースで気持ちをリラックスさせて徐々に筋膜を緩ませていくことで、恐怖感も取り除かれて痛みも和らいでいくようです。

また、身体のこわばりがなくなると、寝返りを打ちやすくなって良く眠れるようになったとの声も聞かれます。

質の良い眠りで健康を維持するためにも、是非筋膜ケアを取り入れてみてください。

★運動する前に筋膜の準備をしましょう

筋膜を柔らかく保つには毎日少しでも筋膜を動かす時間をとることが必要です。
長い時間同じ姿勢をとり続けていると、筋膜は血行不良や代謝不足を起こして固まってしまい、その状態が習慣的に続くと固まったまま戻らなくなってしまいます。

また、隣り合う筋膜と筋膜が癒着し、ねじれを起こしたりして痛みなどを生じてしまいます。
それを防ぐには毎日適度に身体を動かすことが必要ですが、一度固まってしまった筋膜を緩ませるには、筋膜リリースの施術などの外からの作用で筋膜が緩むように仕向けてあげる必要があります。

筋膜が固まったままの状態で無理に体操やストレッチ、筋トレなどをしても、既に固まってしまった筋膜が自力で緩むことは難しいのです。

お家でのエクササイズやウォーキングなどをする場合も、筋膜をリリースして準備を整えてから動き出すようにした方が効果的ですしケガをしないためにも必要なことです。

既に身体にこわばりや硬さ、痛みなどを感じていてストレッチや体操どころではない・・・という人は、まず筋膜リリースの施術で筋膜を緩ませて痛みなどを軽減することから始めましょう。

やがて筋膜が緩んできたらお家でのセルフリリースを。
さらに身体が動ける状態になったら、セルフリリースに加えてご自分に合った軽いエクササイズから取り入れていきます。

まずは硬くなった筋膜をリリースすることが必要です。
ケーズリリースはその人の筋膜が自ら緩んでいく力を引き出すようにお手伝いいたします。

筋膜の不調の解消はもとより、筋膜ケアを生活に取り入れてケガや痛みの予防という考えをみなさんに習慣としていただきたいと考えています。

★「手当て」でリラックス効果と体調維持。

先日の北海道地震で被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

SNSなどで「やっと電気がついた!」というつぶやきを見ました。

この数日間、本当に大変だったことと思います。 避難所での生活を余儀なくされている方も大勢いらっしゃるとのことで、今後の体調管理が心配ですね。

慣れない避難生活で落ち着かず、不安で眠れない方も多いとニュースで観ました。

そこで、私が普段やっている筋膜ケアにも取り入れている方法で、避難所生活の方々の体調維持やエコノミー症候群の予防などにお役にたてればと思い、簡単なものをお知らせしておきたいと思います。

まずは、身体の緊張をほぐし、気持ちが落ち着く効果のある 「手当て」をやってみてください。

ご家族やお友だち同士でお相手の肩や手、足などに手を当ててあげます。 数秒置いたら少し位置をずらしてまた数秒・・・というくらいゆっくりとやさしい圧で行います。

決して揉むような強い力を入れないで、あくまでも「手当て」というくらいやさしくです。

または、背中や腰、肘から下、膝から下などに軽く手のひらをおいてゆっくり2,3秒かけてさするのも良いです。

指先から肘、足先から膝へと、上方向へ向かってさすります。 赤ちゃんがお母さんに触れられるととても落ち着いて安心しますよね。 これは大人でも同じ効果が得られ、神経の高ぶりを抑え、不安が取り除かれてリラックス効果が得られます。

緊張して硬くなっていた筋膜が緩んで、痛みやコリなどを緩和する効果も。 しかし、それにはその人同士の間に信頼感も必要ですので、やはりご家族や友人同士などで行っていただくのが良いでしょう。

この手当て療法は、自分で自分自身の身体にも出来ますのでお一人でも是非やってみてください。

加えて、「呼吸法」も取り入れると良いです。 座ったままでも、立ったままでも良いのですが、気持ちを落ち着かせてから、3秒吸って7秒くらいでゆっくり吐き切る呼吸法を5分ほど繰り返します。

立ち姿勢で手を付けてやると体操効果もあって良いですが、ポイントは呼吸に集中して、リラックスを心がけながらやることが重要です。

人目が気になるようでしたらご家族など一緒にいる方々みんなでやれば、みんなでリラックスと集中ができてよいのではないでしょうか。

もう一つはやはり適度に身体を動かすことが大事です。 少し歩いたり、腕や足の曲げ伸ばしに加えて、軽くジャンプをしたり、肩の力を抜いて手首をぶらぶらさせる動きで身体をほぐすようにします。

陸上選手が走る前にやっているような感じです。 ジャンプは、つま先は地面につけたままでかかとだけ小さくバウンドさせるくらいで大丈夫。 転ばないように十分注意して下さい。

これらは、ご高齢の方や子どもでもできる簡単な方法ですが、こんな簡単なことでもとても効果的です。 体調に合わせて無理のないように行ってください。

今後もライフラインや交通の十分な早い普及を願うばかりです。 被災された地域の方々が体調を崩されることなく、一刻も早く落ち着いた生活を取り戻せますようお祈り申し上げます。

★筋膜リリース講座を開催いたしました。(無事終了いたしました!)

先日、5月から6月にかけて、高崎市の新町公民館にて「筋膜リリース講座」を開催させていただきました。

週一回のペースで全4回の短い開催でしたが、健康意識の高い方々がご参加くださり、

無事に終了することができました。

筋膜をリリースする(緩ませる)体操と、セルフ筋膜リリースを中心とした講座で、

みなさんとても熱心に受講して下さり、筋膜が緩む感覚も体験していただけたことと思います。

回を増すごとにいろいろと質問も出てくるようになり、私の方も大変勉強になりました!

筋膜リリースは簡単ではないですが、ご自分の身体と向き合い、気づきを得ることは身体のセルフメンテナンスにはとても大切で効果的です。

今後もみなさんの健康維持とケガや不調の予防のため、毎日の生活に筋膜リリースを取り入れて習慣にしていただければと考えております。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

★新町公民館さまにも大変お世話になりました。

公民館ではいろいろな講座を開催しておられるようです☆

ご参考まで→ まなびネットたかさき 新町公民館

★足裏の重心を意識する。

足裏の重心が偏ると、身体の他の部分の使い方が偏り、関連する筋膜も硬くなったり捻じれたりして痛みなどの不調につながってしまうことがあります。

足裏の重心は、親指と、親指の付け根の下(母子球)あたりに置くと良いとされています。

ウォーキングなどをするときは歩き方なども意識して、気をつけて歩くことができている方も多いと思いますが、加えて十分に気をつけなければならないのは、日常生活の上での重心のかけ方です。

家事をしている時、朝の洗顔や歯磨きをしている時、または仕事中、作業中など、無意識に片方の足だけに重心をかけていたり、外側重心になっていることはないでしょうか。

この様な日常生活の中で無意識に足裏の重心が偏っているために、足や腰の痛みが出てしまっているのかもしれません。

座っている姿勢から立ち上がって一歩踏み出す時なども注意が必要です。

足裏の使い方、重心のかけ方をいつも意識して生活してみましょう。

足裏が硬い、痛みがあるなどと感じる方は、足裏も筋膜ケアで緩ませることも必要です。