★変形性股関節症の回復経過

変形性股関節症の60代の女性の症例です。

2013年から定期的に月に2回ほど来ていただいています。

最初は右股関節まわり、大腿の内側などに強く痛みが出て歩くのも辛い…と訴えられて来られました。その後数回の施術で強い痛みが取れて足が以前より軽く動くようになりました。

2016年ごろには最初のころのような痛みが出ることが少なくなり、ここ3年くらいの間は、ソケイ部やお尻、太腿の内側に張り感は残るものの、以前のように強い痛みが出ることはなくなりました。

股関節の可動域も広がって動きもスムーズになっていますし、正座もできます。

最近では、ご家族やご友人と出かけて少し長く歩いた時や、東京へ2時間ほど電車に乗ってのお出かけも大丈夫だったとのご報告もいただいています。車の運転も問題なく、2時間ほどかかる道のりを運転して来てくださいます。

最初のころの右股関節まわりの痛みのため、歩き方が偏ってしまった時間が長いせいか、骨盤が傾き、右足が少し短くなってしまっていますが、痛みが出ることがなくなったのが良かったとのことで、お仕事も順調に続けられています。

現在では痛みが出るなどの調子が悪いことがほぼなくなりましたが、筋膜の状態を柔らかく保ち不調を予防するために今後も筋膜ケアを継続されます。

筋膜ケアは、施術を受けることやセルフケアなどの方法で日常に取り入れて続けていくことにより、筋膜の柔らかさを常に保つことが基本です。みなさんが歯磨きを毎日するように筋膜ケアも継続していくことで痛みの出ない身体作りを目指しましょう。