★運動する前に筋膜の準備をしましょう

筋膜を柔らかく保つには筋膜を動かしておくことが必要です。

長い時間同じ姿勢をとり続けていると、筋膜は血行不良や代謝不足を起こして固まってしまい、その状態が習慣的に続くと固まったまま戻らなくなってしまいます。
また、隣り合う筋膜と筋膜が癒着し、ねじれを起こしたりして痛みなどを生じてしまいます。
それを防ぐには毎日適度に身体を動かすことが必要ですが、一度固まってしまった筋膜を緩ませるには、筋膜リリースの施術などの外からの作用で筋膜が緩むように仕向けてあげる必要があります。
筋膜が固まったままの状態で無理に体操やストレッチ、筋トレなどをしても、既に固まってしまった筋膜が自力で緩むことは難しいのです。
お家でのエクササイズやウォーキングなどをする場合も、筋膜をリリースして準備を整えてから動き出すようにした方が効果的ですしケガをしないためにも必要なことです。

既に身体にこわばりや硬さ、痛みなどを感じていてストレッチや体操どころではない・・・という人は、まず筋膜リリースの施術で筋膜を緩ませて痛みなどを軽減することから始めましょう。
やがて筋膜が緩んできたらお家でのセルフリリースを。
さらに身体が動ける状態になったら、セルフリリースに加えてご自分に合った軽いエクササイズから取り入れていきます。
まずは硬くなった筋膜をリリースすることが必要です。

ケーズリリースはその人の筋膜が自ら緩んでいく力を引き出すようにお手伝いいたします。
筋膜の不調の解消はもとより、筋膜ケアを生活に取り入れてケガや痛みの予防という考えをみなさんに習慣としていただきたいと考えています。