★股関節まわりの不調にはどんな症状があるのか

お正月を挟んでいつもより施術の期間が空いてしまったリピーターさんたちも特に痛みが出ることなく、年明けは皆さん状態が良くて安心いたしました。

さて、股関節まわりの不調や痛みといっても人によって違いますが、いくつか症例をあげると、

●お尻(殿筋)の痛み、お尻から太腿の裏側の強い張り。

●ソケイ部(太腿の付け根前側)、ソケイ部から太腿の前側や内側(内転筋)の痛み、更に膝の前側や内側。

●大転子(お尻の横の大腿骨の出っ張ったところ)のまわり、お尻から大転子、さらに太腿の外側から膝の外側、ふくらはぎ外側につながっているような痛み。

●お尻から大腿、膝にかけて足全体に力が入らないような感覚。

●お尻から腰、肩甲骨にかけてつながってこわばっているような痛み。

 

など、ケーズリリースに来ていただいている方々に出ていた症状はこの様にたくさんあります。

主に筋膜リリースによるケアで、この症状が出ている筋膜に対してリリースを行います。

触診しながら、または受け手の方から感じ方を聞きだしながら、また、ポイントとなる筋膜を探しながらリリースしていきます。

受け手の人も、施術を受けていくとご自分の痛みや筋膜の硬さを感じとれるようになってきて、いわば共同作業によって筋膜リリースの効果も上がってきます。

筋膜を緩ませるには受け手の人の感じ取る力あがってくるととても効果的です。

最初からは難しいですが、これも意識して感じ取ろうとすれば出来るようになり、セルフ筋膜ケアもやりやすくなります。

 

上に書いたような不調があればまずはご相談ください。